KAT-TUNの新曲から田中聖の声がはずされる

ルール違反行為を重ねたことで、ジャニーズ事務所から契約解除されてしまった元KAT-TUNのた田中聖さん。

その田中さんの声が、KAT-TUNの新曲「楔(くさび)-kusabi-」からはずされていることが明らかになりました。

所属レコード会社のジェイ・ストームによると、9月上旬に行われた「楔」のレコーディングでは、田中さんを含めたメンバー5人全員で録音しましたが、田中さんが脱退することになり、田中さんを除いた4人の録音分を編集して仕上げることになったそうです。

田中さんはレコーディングには参加していたことを知っているファンたちは、KAT-TUNとしての最後の声が聴けると、新曲の発売を楽しみにしていましたが、編集段階でカットされたことが報じられたため、ネット上では「楔って聖くんも歌ったのにカットしたのか…えぇー…」「最後の聖の声聴きたかったな。悲しいなあ」などという落胆の声が多く上がっているようです。

 

救急車が橋の崩落で落下しそうになる

台風18号の豪雨被害によって道路の崩落などがあった京都市。

その京都市右京区京北下弓削町鳴滝の国道162号の鳴滝橋が崩落したことで、土砂崩れの通報で出動した京都市消防局の救急車が落下しそうになっていたことがわかりました。

京都市消防局によると、16日午前2時35分ごろ、右京消防署京北消防出張所の救急車が、京北下弓削町狭間谷の住民から土砂崩れの通報を受けて出動、鳴滝橋を渡って通報元に向かい、住民を避難させ、出張所に戻るために再び橋を渡ろうとしたところ、橋が崩落していたため、運転する隊員が急ブレーキをかけたそうです。

夜間で、さらに荒天だったことで見通しが悪かったため、崩落に気づくのが遅れたため、車体が3分の1ほど道路から突き出て止まったということです。

落ちていたら、乗っていた隊員らは命がなかった可能性もありますし、間一髪で落ちずに止まったのは幸運でしたね。

 

 

中山幸子さんが死亡が確認される約2週間前に匿名の通報があった

大阪府八尾市で2月、無職の中山幸子さんが全身に打撲痕がある状態で死亡した事件で、中山さんの死亡が確認される約2週間前に、市に「中山さんが監禁され暴行を受けている」という匿名の情報が寄せられていたことがわかりました。

しかし市は、「うその可能性が高い」として警察に通報せず、放置したままにしていたそうです。

匿名での通報があったのは、1月25日午後のこと。中山さんの近所の住民という女性とから、中山さんが監禁、暴行されているという電話があったそうです。

職員は通報してきた女性に、直接警察に連絡するように勧めたそうですが、「誰が通報したかわかるので市から通報して」と言ってきたそうです。

市は昨年11〜12月にも「中山さんが借金を返さない」という匿名電話が数回あったことから、今回も嫌がらせの可能性があると判断したと説明しています。

もし、市がうその通報と思わず警察に連絡していたら、中山さんの命を救えたかもしれません。

 

タクシーで行われていた覚醒剤の密売

警視庁に覚醒剤取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで逮捕された、タクシー運転手の堀賢司容疑者と無職の小川昇容疑者。

警視庁組織犯罪対策5課と小松川署によると、堀容疑者と小川容疑者の2人は、堀容疑者が仕事で使っているタクシーの中で覚醒剤を売っていたそうです。

2人は平日の夕方から夜にかけてタクシーを「貸切」の表示にして、亀戸や両国周辺の路上で待機させ、客が乗り込むと堀容疑者がタクシーを走らせ、後部座席に座る小川容疑者が客に覚醒剤を売っていたそうです。

覚醒剤の密売を行っていた間は本業の業務ができなかったため、堀容疑者は運行日誌を偽り、覚醒剤の密売で得たお金の一部を使い、タクシー運賃の売り上げとして、会社に渡していたようです。

 

キンタローさんが本当に「第5回選抜総選挙」への参加を申し込む

元AKB48の前田敦子さんのものまねで人気のお笑いタレントのキンタローさん。

AKB48の「第5回選抜総選挙」が立候補制になったことが発表されたことで、自分も立候補したいなどと語っていましたが、冗談ではなく、本当に参加の申し込みに行ったことが明らかになりました。

4日午後2時ごろ、キンタローさんは秋葉原のAKB48劇場を訪れ、AKB48の「第5回選抜総選挙」への参加を表明しようとしたそうです。

「自分の熱意をみてほしい」と語り、音楽プレーヤーで「フライングゲット」を流し、パフォーマンスを披露してアピールしたキンタローさんでしたが、同劇場の広報から立候補資格がないことを説明され、あっさりと断念したそうです。

ただ、この一件はキンタローさんがレギュラー出演している番組の「ゴゴスマ〜GO GO! Smile!〜」で放送されるようですから、番組の企画だったんでしょうね。

 

東京スカイツリーからの落雪で住宅ベランダの屋根が破損

東京スカイツリーが完成して以来、毎年、スカイツリー周辺の冬の問題になっている、スカイツリーからの落雪問題。

ネットをはったり、通行人への落雪を警戒するための警備員を配置したりと、色々な手で対策を講じてはいますが、有効的な対策はまだ見つかっていません。

そんな中、スカイツリーからの落雪によって、住宅ベランダのアクリル製の屋根を割る被害があったことを、東武タワースカイツリー社が16日に発表したのです。

ベランダの屋根の1カ所が30センチほど破損しており、ベランダには直径5センチほどの氷状の塊が落ちていたことから、東武タワースカイツリー社は「ツリーからの落雪による被害の可能性が高い」と判断し、修繕の費用を負担するということです。

 

中日本高速道路は笹子トンネルでの打音検査を2000年から行っていなかった

天井の崩落に巻き込まれ9人が死亡した山梨県の中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故。

この事故の原因が、トンネルの天井板をつり下げていた金具を固定するアンカーボルトを固定していた接着剤が劣化して抜け落ちた可能性があることが判明しましたが、トンネルの管理をしていた中日本高速道路がアンカーボルトなどの劣化をハンマーでたたいて調べる打音検査を、2000年を最後に行っていなかったことがわかったのです。

もう12年もの歳月が過ぎています。どんなに新しい道路だって、何度か見直しがされている期間ではないでしょうか。脱毛サロン キャンペーンですら年に一回以上は行われているというのに。

笹子トンネルは天井が高いため、打音検査を行うことが難しかったというのが理由のようですが、12年間も目視だけの検査しか行っていなかったというのは、中日本高速道路に明らかに危機管理への考えが欠落していたと言っていいでしょう。

滋賀県全域に「痴漢等多発警報」が発令される

滋賀県内で、女性を狙ったわいせつ事件が相次いでいるそうです。

そのため「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり実践県民会議が8日、県内全域に「痴漢等多発警報」を発令したことが明らかになりました。

県内では、今月1日から7日までのたった1週間で、わいせつ事件が11件も発生しているそうです。

「痴漢等多発警報」が発令されたことで、8日から17日までの10日間、わいせつ事件の被害が多発している地域や駅などの警戒を強化するということです。

また県警は「1人で帰宅せず、遅くなったら家族に迎えを頼むなどして対策をとってほしい」と、個人でもわいせつ事件に巻き込まれないように注意するように呼びかけているそうです。

ところで、おしり 脱毛は海に行く際には必須なのでしょうか。男性側としても、そこまでは気にしなくて良いのでは・・・というのが本音ではないでしょうか?

「痴漢等多発警報」が発令されているのを知りながら、期間中にわいせつ行為をする人がいたら、かなりの異常者ってことでしょうね。

 

タモリさんがサザエさんに登場

フジテレビのアニメ「サザエさん」に、タレントのタモリさんが本人役で出ることが明らかになりました。

タモリさんが出るのは、22日の放送で、その回の放送がちょうど前日の21日の午後6時30分から始まっている、タモリが総合司会を務めるFNS27時間テレビ」の時間内になるため、タモリさんの他、HKT48の指原莉乃、ベッキー、ローラ、柳原可奈子、渡辺直美らの番組出演陣も、サザエさんの中で登場するそうです。

こういった人気女優の方々には脱毛サロンは切っても切れない関係でしょう。ムダ毛 脱毛サロンは、事務所がサロンと契約しているくらい仲の良さなのではないかと私は踏んでいます。

タモリさんらが出てくるサザエさんのお話の内容は、海に家族旅行で出掛けた磯野家が、タモリさんらに出会うという内容だそうです。

タモリさんらが、サザエさんらとどう出会って、どんな物語になるのかは、実際に自分で観て確かめてください。